• Wifiの高速性について

    Wifiは無線lanの認定規格です。

    昔は考えられませんでしたが、今では地球の裏側の人やものにも簡単にアクセスできてしまいます。もちろんインターネットに繋がっていることが前提ですが、それにしてもトランシーバーが凄いと思っていた時代を考えると雲泥の差があります。



    90年台初期のインターネット黎明期から少しずつブームを呼び95年のwindows95の発売で一気に一般の人たちにもWebがしれわたりました。最初はインターネットを使って何をどうするかを使う側が考えなければいけませんでしたが、今では検索エンジンに何かキーワードを入力すればたくさんのコンテンツが表示されてきて、あちら側からそれぞれの世界へ導いてくれます。

    こんなに便利になったインターネットですが、物理的なケーブルで全世界を繋いで作られていて、それがあるがゆえにこうした便利なスマートフォンやパソコンが魔法の如く動くのです。



    バックボーンと呼ばれるプロバイダや各種の事業者が構成しているネットワークの中核やラストワンマイルと言われている各家庭から最寄りの回線事業者の局までと各部分で使われている技術やケーブル、機器も各々違います。



    Wifiは主にこの内の各家庭内のlan環境で使われています。各家庭には複数のスマートフォンやパソコンがあり、それらを無線lanルータへ繋いでインターネットへ接続していますが、各機器と無線lanルータとの間でWifiが動作します。

    速度も当初に比べなん十倍も高速になっています。

    したがって、有線でなくても高速通信が可能です。

    今後、さらに高速性を増して便利になるでしょう。